【メディア掲載】日刊工業新聞2020年8月3日

8月3日付け日刊工業新聞にて、当社で実施中の「郵便受け投函お知らせサービス」実証実験が紹介されましたのでお知らせいたします。

「新型コロナ」対策という文脈でご紹介いただき、当社が社会的意義を考えて急遽開発したという真意をくみ取っていただけて大変感謝しております。実験も順調に進展しておりますので、今後の展開にぜひご期待ください。進捗がありましたら都度お知らせいたします。

本実験についての詳細はこちらに記載しておりますのでご参照ください。内容に応じてお問い合わせ先をご用意してございます。

「郵便受け投函お知らせサービス」実証実験スタートしました

先にお知らせした「郵便受け投函お知らせサービス」実証実験、無事にスタートを切ることができ、順調に運用が進んでおります。

12日(日)に設置し、稼働開始してから16日(木)までの短期間ではありますが、宅配便(不在票)、郵便物、チラシの投函を100%キャッチすることができております。

本実験の要点のひとつは投函される事業者様のご協力が得られるかどうかにあります。現時点では、余計なお手数をお掛けしているにも関わらず、全てのご担当者様にご協力いただいており、とても嬉しく思っております。

実験の進捗については、これからも随時ご報告してまいります。